イブニング公式サイト

イブニング 著者紹介 » 須本壮一

須本壮一

すもとそういち

1980年第19回『週刊少年サンデー』新人コミック大賞佳作でデビュー。 代表作に北朝鮮拉致問題扱った『奪還』『めぐみ』があり、また戦記物『夢幻の軍艦大和』では、戦艦や戦闘機のリアルな描写が話題に。 百田尚樹氏原作『永遠の0』『海賊とよばれた男』のコミカライズでは作画を担当。 また執筆の傍ら、子ども達の笑顔を支援する漫画家のNPO団体ビースマイルプロジェクトの代表理事も務める。


イブニング 著者一覧へもどる

シェアする