イブニング公式サイト

今/渦子 ゆく琥珀色のはて

今/渦子 ゆく琥珀色のはて/松浦だるま
イブニングで連載中!
   
 感想をおくる
 無料で試し読み

作品紹介

きみにはきこえる ぼくにはみえる

予備校講師・鶴見には“場所の幽霊”が視える。
水害によって流された家の跡地で目にしたものは、行方不明の恋人・渦子との生活の残像だった。
死んだ人間の痕跡が残像となって現れる“場所の幽霊”を目撃してなお、渦子の死を受け止められない鶴見であったが、予備校の新入生・イマの担当を任される。
その少女は“死んだ人間の音が聴こえる”ことに苛まれていた。この出会いのはてに待つものは、救いか、それとも――。

著者紹介

松浦だるま まつうらだるま

イブニング新人賞ゆうきまさみ大賞及び宇仁田ゆみ大賞にて、共に優秀賞を受賞。
初連載作品『累 -かさね-』(全⑭巻)は2018年に映画化された。
現在は、『今/渦子 ゆく琥珀色のはて』をシリーズ連載中。

Twitter


NEWS


シェアする