イブニング公式サイト

勇午 Final

イブニング掲載
   
 感想をおくる

最新単行本

ネット書店で探す

電子書籍を探す

作品紹介

最後の交渉相手は勇午史上最悪にして最凶のレイシスト・ドゥフ。 交渉を失敗すれば人類同士の大量虐殺が永遠に続く。

最後の交渉はトルコで幕を開ける──。 長きにわたり読者を魅了し続けた、交渉人・別府勇午。 明晰な頭脳、折れることのない信念を持つ男が最後の交渉に挑む。 舞台はトルコ。 勇午史上最悪にして最凶の事件が襲いかかる。 交渉に失敗すれば人類同士の大量虐殺が永遠に続く。 だが、交渉の相手はその影すらつかめない謎に包まれた人物だった。

著者紹介

真刈信二(作) まかりしんじ

1993年、「モーニング」に掲載された『オフィス北極星』(作画:中山昌亮)で漫画原作者デビュー。
現在「アフタヌーン」にて『イサック』(漫画:DOUBLE-S)を連載中。


赤名修(画) あかなしゅう

その重厚かつ精緻な筆致で『タナトスの使者』『ダンダラ』『闇鍵師』など数々の作品を世に送り出す。 「イブニング」で掲載された『勇午 Final』にて、20年続く「勇午」シリーズの最終章を描き切った。

Twitter


NEWS


シェアする